二重まぶたの整形、目もとの腫れはいつ落ち着く?

二重まぶたの手術を行うと、少なからず目が腫れます。この腫れが落ち着くまで、会社や学校をお休みする、という方もいらっしゃるでしょう。では、二重まぶたへの手術を行った後は、だいたいどのくらいの期間で腫れがおさまるのでしょうか。

二重まぶたの整形には、「埋没法」と「切開」の2種類があり、切開の中でも、「ミニ切開」と「全切開」の2種類に分かれます。埋没法は、簡単に手術ができるポピュラーな二重まぶたの手術のあり、術後の腫れはかなり早い期間でおさまります。だいたい。3日〜1週間の間で腫れはすっかりおさまるのではないでしょうか。ミニ切開の場合、強い腫れはだいたい1週間程度でおさまると言われています。その後も目立たない腫れは続くことがあります。全切開になると、強い腫れが1週間〜2週間程度続きます。その後も、小さな腫れが続くことがあるようです。

切開のほうが腫れは長引きますが、二重が取れてしまう可能性がある埋没法とくらべ、永久に二重がとれることがありません。また、極度に腫れている目もとや、脂肪がたまっている目もとでも、脂肪を取ってすっきりとした二重まぶたをつくることができるので、ガンコな一重や、腫れがひどい方には、切開で行う手術のほうがおすすめできます。腫れがとれるまでの間は辛抱が必要ですが、その後は驚くほどすっきりした二重まぶたになれるので、大きくイメージチェンジしたい方にも切開の手術はおすすめです。