赤ら顔の原因

黄色人種の日本人の皮膚は大変敏感です。ですので、赤ら顔の方がいらっしゃってもおかしなことはありませんが、赤ら顔になってしまう原因の一つとして挙げられるのが皮膚が薄かったり、色が白い方、先ほども述べたようにお肌が敏感な方に多く見られる傾向があります。また、赤ら顔を悩みとして抱えている方の中には、アトピーやアレルギーと言った皮膚の疾患が持病となってしまっているがために、赤ら顔特有の症状が見られることも少なくありません。

毛細血管を流れる血液がうっ血してしまうことで血の流れが滞ってしまい、皮膚に毛細血管が透けて赤く見えてしまうのが「赤ら顔」の要因となります。また、赤ら顔はそれだけが原因ではなく、ホルモンバランスが乱れていたり自律神経の働きが低下している時など、腎臓の機能が著しく弱ってしまうために、赤ら顔になってしまうこともあります。

一見、同じ赤ら顔に見えても、原因は人それぞれ異なりますしストレスや老化、長期にわたってニキビができている方なども赤ら顔になってしまう場合があります。薬の副作用で赤ら顔になってしまったという方もいらっしゃいますので、赤ら顔になってしまう原因は、本当にいろいろとあることがお分かり頂けるのではないでしょうか。原因によって異なってきますが、赤ら顔を治療することは可能ですので、赤ら顔という悩みを抱えている方、コンプレックスを感じている方は、皮膚科等の専門機関で診察をしてもらうようにしましょう。