しみの原因

女性は特に気になってしまうしみ。シミができてしまう要因は様々ですが、しみはメラニン色素がお肌に染み付いてできてしまう斑点状のものを一般的には指しています。しみができてしまう原因として一番知られているのが紫外線の影響ではないかと思いますが、紫外線をあびてしまったことでメラノサイトが刺激されてしまい、メラニン色素を生成してしまいます。そのため、紫外線による被害を少しでも軽減するために、現れてくるのがシミというわけです。

また、その他にも年齢を重ねるごとにお肌も老化してしまいますので、紫外線を浴びているいないに関わらずしみができてしまうこともあります。乾燥やストレス、睡眠不足などが原因となっていることも少なくありません。不規則な生活が、しみを引き起こし、お肌のトラブルを増やしてしまうことも多いですから、できる限り規則正しい生活を送っていくように心がけましょう。

そして、以外に知られていないのがニキビや皮膚にできものができてしまったことでメラニン色素が生成されてしまうということ。しみは、自分では鏡を使わないと見られないものではありますが、周囲の方にははっきりとくっきりと見えてしまうこともありますよね。美容という観点で見てみると、やはりしみがあって一つも良いことはありません。一口にしみといっても、実に様々な種類があり原因も人それぞれ異なってきます。自分のしみの種類、できてしまった原因を探ることで改善策もはっきりと見えてきますので、なぜしみができてしまったのかチェックしてみると良いでしょう。